■サバイバルゲームとは

 サバイバルゲームは、参加者を2チームに分け、エアソフトガン(通称:エアガン)からBB弾を発射し、

 敵チームをヒットし、お互いの陣地に設置されたフラッグの奪取を勝利条件に遊ぶゲームが一般的です。

 かつては、裏山や河川敷などで遊んだ事がある人もいるかもしれませんが、今の時代そんな場所で勝手に

 サバイバルゲームをするとすぐに警察が飛んできます。

 現在はサバイバルゲームフィールドと呼ばれる専用の施設が多く存在しますので、

 その場所で遊ぶのが一般的です。


■初めて遊ぶ時の注意

 サバイバルゲームには、細かいルールがいくつもあります。

 そのルールをすべて覚え、ルールを守って遊ばないと、自分自身もそうですが、一緒に遊ぶ仲間に怪我を

 させる事に繋がります。ものすごく危険な遊び、ではないのですが、バイクに乗る時にはヘルメットを被る

 のが当たり前のように、最低限のルールを守らないと、大きな怪我に繋がるのは当然ですよね?


■女性でも出来るの?

 むしろ女性の方が、慣れた後には良い動きをしたりします。

 最初はキャーキャー言っているのですが、後半は最前線にしかいないパターンとか良くあります。

 男女で差別も区別もありません。

 最近はサバイバルゲームをする女性が物凄く増えていて人気の趣味になりつつあるようですよ。


■何も持っていないけど・・・

 今回のイベントでは「手ブラ」をテーマにしていますので、道具は不要です。

 ゲームで使う銃やゴーグル、弾まで現地で用意します。

 使い方や遊び方まで全てレクチャーします。

 でも、もし迷彩服などをお持ちでしたら、持参頂くと汚れても平気ですし、思いっきり遊べますね?

 迷彩服については、会場でレンタルも可能です。※別途費用発生

 バイクで来るので荷物は少なく!とお考えの方は、「動きやすい靴」。これだけあれば大丈夫です!


■でも当たったら痛いんでしょう?

 そうですね。全く痛くない、と言えばウソになります。

 でも、だからこそ面白い。だからこそスリルがあって興奮するのです。

 参考になるかどうかわかりませんが、弾が体に当たった時の印象は「デコピン」くらいです。

 もちろん、当たる場所が「生肌」だったり、肉が薄くて骨に近い場所だったりすると、

 やたらデコピンの強いヤツ級のデコピンでしょうね。

 普通に遊んでいる距離で撃たれる分には、「いててて」くらいの感じです。

 バイクに乗ってて、カナブンがバチーンと当たるよりは痛くないと思いますよ。




Back to Home | Next Chapter