何事にも上達する近道は体験に勝るもの無し、と思いますが、いくつか参考になりそうなコツをご紹介

■同じ場所から顔を出すな

 想像してみてください。バリケードの横から敵が顔を出してコチラの様子を伺っています。

 あなたは撃ちましたが当たりませんでした。

 でも、きっともう一度顔を出すはず。そう思うあなたは銃の照準をどこに定めますか?

 大半が、「さっき顔を出した位置」だと思います。

 つまりあなたがバリケードの裏にひっこんだ敵だとしたら、同じ場所から顔を出せば、

 敵は既にそこを照準しているので、弾に当たる確率が格段にあがりますよね。

 顔を出す高さを変えたり、逆サイドから顔を出したりして、相手を翻弄しましょう。


■意外とフォーム大事

 銃にも正しい構え方があります。

 道具は正しく使ってこそ、その能力を発揮するので、ゲームが始まる前に正しい構え方を教わることが

 意外と戦果を挙げる近道かもしれませんね。


■弾の特性を理解する

 本物の銃の弾は、ものすごいスピードで飛んでいきますが、BB弾は違います。

 最近のエアガンは性能が良いので、弾はまっすぐ飛んで行きますが、

 対象までの距離が遠ければだんだん速度は落ち、少しずつ落下します。

 風が吹いていれば、弾は風に流されます。

 もちろん自分が動いていたり、相手が動いていたりすると、さらにどこに飛んで行くのかを

 予測するのが難しくなります。

 当日は、会場内にシューティングゲームが楽しめる場所がありますので、そういった場所を利用し

 弾の特性などを理解しておくと実戦で役に立つかもしれませんよ。




Previous Chapter | Back to Home | Next Chapter