ここでは持って来たら役立つ便利アイテムをご紹介

■着替え

 いきなり普通でしたね。

 九月とは言え、相当暑いハズです。

 着替えや汗拭きタオルは持参した方が良いですね~

 汚れるのが嫌だという方は、会場で有料にはなりますが迷彩服上下がレンタルできます。

 着替え用のTシャツも売ってます。

 俺は「手ぶらにこだわる」という硬派な方は、そちらを使う手もありますが、

 さすがにタオルくらいはあった方がよいですよ、やっぱり。


■冷感グッズ

 服に掛けると涼しくなるスプレーや、水に濡らして喉に巻くと涼しくなるヤツとか。

 いろんな夏用グッズありますよね。

 ああ言うの、もしお持ちでしたら持参頂くと楽しく過ごせるかもしれませんね。


■手持ちの服で使えそうなもの

 まずは帽子。

 暑さ対策もありますが、頭撃たれると結構痛いです。

 そして頭が一番出ている場所なので撃たれやすいです。

 帽子が無ければバンダナやタオルとかでも良いですけど、一番はやはり帽子ですね。


 次にグローブ。

 厚手のグローブは銃を扱うのに向いていませんが、薄手のグローブがあれば用意したいところです。

 普段バイクに乗るとき使っているものでも全然OKです。※薄い奴がいいですけど。

 サバイバルゲームをやる中で一番撃たれる確率の高い部位の上位に「指」が入っています。

 敵を見つけようとして「顔や頭」は出しますし、銃を撃つときに「手や指」が露出します。

 露出する部分は、同時に被弾しやすい部分でもありますので、撃たれた時の防御が必要です。

 特に、「指」は撃たれて痛いところの上位にも入ります。

 肉が薄く骨に近いですからね。

 軍手とかでも、素手よりはマシかもしれませんよ。


■虫よけ/虫刺され薬

 季節的にサバイバルゲームをする中でやっかいなのが「蚊」です。

 運動して体温上がりますし、呼吸も荒くなって二酸化炭素を出します。

 その状況は蚊を呼び寄せるんですよね~

 虫よけスプレーは用意したいところですし、刺されてしまった時に痒くて大変ですから

 虫刺され薬も誰か持ってると非常に良いです。




Previous Chapter | Back to Home | Next Chapter